g-3080

 

戻る

2024年 6月13日 木曜日

だんだん暑くなってきた自転車通勤。リュックの密着が汗となります。

おじさまの姿を捉えるも角を曲がるや否や自転車に乗ってどこかに消えてしまいました。何か用事があるようなので深追いせず。

夕方、都バス100周年記念復刻カラーバスの追跡を失敗し軽く落ち込んでいるとちょっと雰囲気の違う先代クラウンのRSが雷門前に停まっていました。

よく見るとクラウンのエンブレムの左右にランプが付いていて交通機動隊の覆面パトカーでした。

人と車と自転車がごった煮の雷門前。ここ最近クラウンの覆面パトカーを頻繁に見かけるので歩行者妨害などより一層注意が必要です。

桜橋で空を撮り

ついでに白鬚橋からも撮って帰宅。

BMWの着色を。



2024年 6月12日 水曜日

午前中は運転免許の更新。

区分が優良なので指定の警察で更新ができ、さほど遠くないので自転車で。

朝一番の8時30分からの回を予約。ちょっと早かったかと思いながら8時に到着するも既にに4人が待ってました。 私は5番目。

受付開始までハイビームで走ろう啓蒙動画を繰り返し視聴。もう少し動画の種類を増やしてもいいと思います。

いよいよ受付開始。 今の運転免許を機械に入れ予約時に生成された二次元コードをかざし暗証番号を2つ作って受付終了。

出てきた申込書の「医師に運転をやめるように言われた事がないか」など体調に関する質問にチェックをいれ更新料3000円を払い視力検査。視力検査で落ちると更新料戻って来ません。

視力も問題なく引換票を受け取り写真を撮って30分の講習。 エアコンが寒い。

新しい免許を受け取り無事終了。

一旦帰って出勤。

こういう日に限って「お店に来ました」と花家のマスターからLINEが。 まだ家です!と返信し残念ですがまた今度。

走る時間がずれると公園の草刈りや川底に溜まった汚泥の掃除などいつもと違った景色を見ることができます。

駒形どぜうと

駒形橋からスカイツリーを撮って帰宅。

BMWの着色を



2024年 6月11日 火曜日

晴れて気持ちのいい自転車通勤。

と喜びつつ、梅雨どうした?と心配なことも。

風邪もよくなり朝の活動復活のおじさまと挨拶。

方々で声をかけられていました。

昼食後駒形橋まで散歩。

ちょうど船が来たので撮影。この時間に通るのはお決まり?

夕方の浅草と

桜橋から見た夕焼けを撮り帰宅。

BMWの着色を


2024年 6月10日 月曜日

雨の為電車通勤。もう少し待てば自転車で出られたような・・・・・

8週間連続で月曜日の雨だそうです。

そういうわけで今朝もおじさまの姿はなし。

毎朝散歩している人や仲見世の商店の人もきっと心配していることと思います。

雨の上がった昼休み。

食後の血糖値上昇控えめ作戦の散歩を。相変わらず雷門前は大勢の観光客で賑わっていました。 そしてアルファード・ヴェルファイアもたくさん。

雨上がりのきれいな夕方の空!とはいきませんでしたが文化観光センターからまずはスカイツリー

続いて浅草寺方面を撮って帰宅。

BMWの着色を


2024年 6月9日 日曜日

父と江戸深川資料館で行われる学校の落語会へ。

駐車場も空いていてラッキーでした。

開口一番ともう一席聴いてその後はロビーで知り合いと談笑。

また来年来られるようお互いに励ましあって帰宅。

写真仲間と恒例になっているホテルビュッフェでの打ち上げに参加すべく浅草に集合し車で舞浜へ。

2時間たっぷり堪能し再び浅草へ。また参加できるようまずは写真展に参加すべく撮影を。

時間があったので着色少々。


2024年 6月8日 土曜日

朝食後自転車で上野へ。

ちょっと時間に余裕があったので遠回りしてすみだリバーウォーク。

静かな土曜の朝を打ち砕く水上バイクの集団が走り抜けてゆきました。

FUNFLOWERで仏花購入。 金額も花の量も質も素晴らしく上野まで出向く価値があります。

帰宅後しばらく使っていなかったカリタのコーヒーミルを分解。

もう何年も前のカスが残っていてこのまま使ったら味が悪くなるので洗ってよく乾燥させ再び組み立てます。

念のため分解前のパーツの位置や方向をスマホで撮影しておきましたがそれほど複雑ではなく安堵。

しかも時代ですね。YouTubeに懇切丁寧な動画までありました。

珈琲繋がりで百花珈琲。

お祭り限定の豆を買いました。

ミルの分解の話をしようと思いましたが何となくあまり食いついてこないだろうなという予感がして飲み込みました。

恒例の水元公園散歩。

帰って亀戸のANZUへ。

BMWの着色を


2024年 6月7日 金曜日

大気の状態が不安定という予報ですが大丈夫と信じて自転車通勤。 <

きょうもおじさまの姿はなし。

花家のマスターは現れず浅草寺周辺を散歩。

少しコースを変えたら都バス100周年記念リバイバルカラーの通称「美濃部カラー」が止まっていたので写真を撮っていいか聞いて撮影。

ラッピングをはがすのに1日かかることや色々とバスの出発時間まで話を聞かせてくれました。

いつもの浅草の風景に事件の予感のする車両が。

それらしき様子の場所もなく路上で皆さん楽しそうにホッピーを飲んでました。

桜橋からスカイツリーを撮って帰宅。

BMWの着色を


2024年 6月6日 木曜日

すみだリバーウォーク入口からリバティを撮りながら自転車通勤。

先日見かけたライドシェア仕様の白ナンバーすっぴんJPN TAXI。違う人が運転している姿を確認したのでひょっとしたタクシー会社が貸し出している車両かもしれません。

今日もおじさまの姿は無く改めて宝蔵門仁王像の足元にある賽銭箱を確認。

矢印のところにも賽銭投入口があります。

とは言えここにお賽銭箱があることを知る人はそれほど多くなく私もYouTubeで知った次第。

昼食後、駒形橋、吾妻橋を散歩。

今日も遠くに船が見えました。

人工芝化工事が進む浅草寺と

桜橋から両国方面を撮って帰宅。

BMWの着色を始めました。


2024年 6月5日 水曜日

爽やかな自転車通勤。

今朝もおじさまの姿は無し。

高齢の方なので一度出かけないことに慣れてしまうとなかなか元のように動けなくなるのでしょうか。

仲見世の商店の屋根に足場が組まれ始めました。屋根の葺き替え工事のようですが常にどこか工事中の浅草寺。渋谷のようです。

昼は駒形橋から吾妻橋経由で散歩。

遠くに船が見えましたがスピードが遅く待ちきれずその場を後にしました。

墨田区側から夕日を撮り帰宅。

特捜9最終回を聴きながらBMWの線画を


2024年 6月4日 火曜日

晴れて清々しい自転車通勤。

コロナ騒動が無ければ今も電車で通勤していたでしょう。

浅草寺をお参りするもおじさまの姿はなし。

アーケードを歩いていたら行燈も車体のシールも何もないタクシー専用車両のJPN TAXIが走っていたので注意して見たらフロンガラス助手席側にライドシェアの表示がついていました。

ライドシェアの車両を見たのも初めてですが広くタクシーと認識されているこの車両で行う手があったかと納得しました。

新車のような輝きは無かったので中古車両のようです。

昼食後、爽やかな空気の中駒形橋まで散歩。

小さな船がエンジン常時全開で重たい荷物を引っ張ってました。

夕方の浅草寺と

桜橋からスカイツリーを撮って帰宅。早々映える写真なんて撮れません。

久しぶりに中古車検索。

レクサスLSが約550万円ほど。

新車価格はLSの約半分の旧型アルファードも約550万円。

アルファードの超人気っぷりが窺えます。

逆にLS狙うなら断然値落ち激しい中古車です。

友近礼二の妄想トレインを聴きながらBMWの線画を。


2024年 6月3日 月曜日

雨のため本を読みながら電車通勤。

おじさまの姿もなく観光客少なめの浅草をパトロール。

相変わらず朝のゴミの散らかりようは酷いです。

昼に雨は一旦上がったので駒形橋まで散歩。

晴れの日はテラスで昼食を食べたりしている人が多いですが今日は無し。

夕方再び激しい雨

浅草寺宝蔵門、仁王像の足元の賽銭箱を撮って帰宅。

BMWの線画を。


2024年 6月2日 日曜日

昨日は仏滅、今日は大安なのでシャワーホルダー交換。

落語「粗忽の釘」「宿替え」を思いながらドライバーを回しました。

昼食後自転車で軽く運動。

小雨も降って来たので散歩はやめて都内を気分転換ドライブ。

雨が降っていても浅草の人気は変わらず。

大勢の人が浅草寺周辺の観光を楽しんでいました。

今日からJTCC時代のBMWを。


2024年 6月1日 土曜日

朝食後自転車でロイヤルホームセンターへゆきシャワーホルダーを購入。

ここから見ると左の墨田区側と右の荒川区側の堤防の形状が違いがよくわかります。

荒川区側が災害にも強いスーパー堤防です。

桜橋で何かの撮影をしているのを見ながら北上野のFUNFLOWERまでゆくも何と休み。

店頭に案内が貼ってあり日常的にお店の前を通っていればわかっていたのかもしれませんが土曜日にしか行けない私には知る由もなくせめてSNSで告知して欲しいものであります。

昼食後百花珈琲で一服し車で水元公園へ。

陽の光を浴びながら散歩を。

帰って自転車に乗り換えANZUへ。

マスターとしばし健康の話など。

夕食後、ヨーカドーで本を買い

チェイサー終了です。



 

Copyright(c) 2004-2024Little 3080, All rights reserved.